前へ
次へ

SFAを使用した案件管理の注意点

顧客との商談などの案件管理のツールとしてSFAはよく活用されますが、活用方法を間違えるとせっかくのSFAが有効活用できません。
SFAを営業活動に有効活用するためにはどういった点に注意すればよいのでしょうか。
1点目ですが、正確に営業情報の入力をしなければならないということです。
SFAの大きな利点はチーム全体の営業活動の進捗状況をすぐに把握できるという点です。
そのため、1日の終わりにまとめてという形ではなくこまめに入力を行うようにしましょう。
また導入したSFAが本当に営業担当者にとって入力しやすいものかどうかもチェックしておくことが重要です。
2点目は蓄積したそれぞれのデータをもとに分析を行うことです。
SFAに正確な情報データを入力してもそれらの分析をしていかなければ、1人1人の課題を改善していくことは不可能です。
また受注の可能性が高い案件等があっても分析してアドバイスをできなければ、成約の機会を逃すことに繋がります。
せっかくの顧客を逃さないためにもSFAを導入する際は得たデータの分析までをしっかりと行い、1人1人にとって適切なアドバイスを行うところまでをセットで実行することが重要です。

Page Top